匣屋深川 はこやふかがわ

東京下町は深川で作る箱だから「匣屋深川」はこやふかがわ。江戸指物から出発した、当社の漆塗小箪笥につけられた名前です。江戸指物の伝統は、漆塗の箪笥から現代の空間にあった家具やキッチンに受け継がれています。家具の形は変わっても、丁寧な仕事に込める技と心意気は創業以来変わりません。