ニシザキ工芸で働く人

企画提案から納品まで、一貫して関われるのが魅力。
自分らしさを発揮できる環境がここにはあります。

プロダクトマネージャー 2008年入社

ニシザキ工芸に入社した理由

学生時代に建築を学び、一度はゼネコンに就職しましたが、「もっと人の暮らしに密接に関わるものづくりがしたい」との思いが募り、一念発起。会社を辞め、憧れだった家具製作の職業訓練校に入学しました。そして、再就職先を探す中で出会ったのがニシザキ工芸。空間に合わせてオーダーメイドで家具を造作していくこの会社なら、建築と家具製作の両方を学んだ私の知識が生かせるのではないか。そんな風に考えたのです。面接の時に感じた風通しのいい職場の雰囲気や、少数精鋭で若手にもどんどん仕事を任せる社長の考え方にも惹かれました。

こんな仕事をしています

働き始めて実感したのが、特注家具分野における「ニシザキ工芸」のネームバリューと、お客様からの期待値の大きさ。建築家の方やハウスメーカー様など、お取引先からはしばしば「ニシザキさんだから」というお言葉をいただきます。そうした評価は、協力工場も含めたお客様専任チームが一丸となってプロジェクト達成をめざす体制があるからこそ。一貫して舵取り役を担う私たちプロダクトマネージャーはお客様からいただいたご要望の実現の可否やスケジュール調整、思いがけないトラブルに悩むことも少なくありません。でも、アイデアを絞りながら一つひとつの課題を乗り越え、迎えたお引き渡しの瞬間は、言葉で表せないほどの喜びと達成感があります。

私の「これから」

入社当初はニシザキ工芸の社員の行動力や仕事のスピード感に少し戸惑うかもしれません。でもそれは、年齢や性別、キャリアに関係なく、誰もが主体的に活躍できることの証。きっとこれまでに経験したことのない充実感を得ることができると思います。最も大切なのは「新しいことに挑戦したい」という意欲。知識やスキルは経験の中で身に付きます。ニシザキ工芸でしか味わえないものづくりの楽しさ、やりがいを、ぜひ一緒に味わいましょう。