ニシザキ工芸で働く人

塗装は、時間をかけて形づくられてきた家具に
命を吹き込む大切な仕上げ工程。

塗装職人 2008年入社

ニシザキ工芸に入社した理由

大学でデザインについて幅広く学び、漠然とですが、人の暮らしに寄り添うものづくりを仕事にできたらいいなと考えていました。ニシザキ工芸の名前を知ったのは就職活動中のことです。「塗装にこだわった特注家具って、どんなものだろう」と疑問を持ち、手がけた仕事を見ていくと、アートのようなすばらしい作品ばかり。ひと目惚れのように「ここで働きたい!」と思いました。家具製作に関する知識はほとんどありませんでしたが、熱意だけは誰にも負けていなかったと自負しています。

こんな仕事をしています

東京都内にある自社工場で、特注家具の塗装を担当しています。塗装は、ゼロベースから時間をかけて形づくられてきた家具に命を吹き込む大切な仕上げ工程。お客様の希望イメージにぴったりと合う色・艶・質感を実現できるよう、細心の注意を払いながら、刷毛やエアスプレーで塗っていきます。
また、機会があれば積極的に手を挙げるのがアンティーク家具の塗装の仕事。古い家具には使い込まれたものならではの味わいや表情があります。手仕事の美しい装飾が施されているものも多く、その家具が生まれた時代や、歩んできた歴史に思いをはせるとワクワク感が止まりません。

私の「これから」

創業が古くて職人ばかりの工場というと、何となく堅苦しくて厳しそうなイメージを持たれる方もいるかもしれません。でも実際は、若手が多いこともあって、とてもアットホームな雰囲気です。頼れる先輩や上司がそばで見守ってくれる中、新しいことにどんどんチャレンジできるのは本当に心強いですね。これからもっと多くの経験を積んで、どんなオーダーにも的確かつスピーディーにお応えできる職人になることが目標です。